ショッピングカートを見る
▼ 永井おすすめ商品
▼ 売れ筋商品BEST9
▼ 商品検索

▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
▼ ショップinfo

もっとお手軽にお買い物!
携帯版「永井海苔WEBショップ」
ホームWEBショップ限定商品【2018年度 初摘み新のり】磯の煌三河湾産5枚×4袋 箱入り
【2018年度 初摘み新のり】磯の煌三河湾産5枚×4袋 箱入り

●ただいま数量限定にて販売中です。

ご注文について
※本商品は他の商品との同時購入は出来ませんのでご了承お願いします。
※数量限定ですので無くなり次第、販売を終了させていただきます。
※送料:1箱の場合 540円(税込)、2箱以上の場合 無料(北海道、沖縄を除く)


<2018海苔年度愛知県三河湾産【初摘み新のり】原料使用>
永井特撰焼のり「磯の煌」(いそのきらめき)


■商品内容:焼のり(板のりサイズ)20枚(5枚×4袋)箱入り
※5枚入を4袋、贈り物にも使える箱にお入れしてお届け致します。
※保存に便利なチャック袋に入っています。
※箱サイズ290×230×65mm


手提げ袋※手提げ袋をご希望の方は上記より「手提げ袋:あり」をお選びください。当社の手提げ袋をご注文の数分、無料でお付けいたします。(包装、のし付けはお受けしておりませんのでご了承ください。)



今年度は香り豊かで希少な逸品「青飛び」海苔です。

今年度の新のりについて
・永井海苔最高ランクの焼のり「磯の煌」。本品は弊社目利きの職人が厳選した愛知第1回入札品の【初摘み新のり】を使用しています。今年度は三河湾産ならではの青海苔が適度に混ざった黒海苔で旨味のある海苔を使っています。青のりが混ざった海苔は磯の香りが強く黒海苔のおいしさと青海苔の香りの両方の良さを兼ね備えています。11月〜12月の期間にしか採れなく生産量も少ない希少な逸品をぜひご賞味ください。

三河湾産

愛知県三河湾産「初摘み新のり」について
・本品は2018年12月1日に行われた愛知の海苔入札会の本年度第1回目「新のり」を使用しています。海苔養殖においては「秋芽網(あきめあみ)」と「冷凍網」と言われるものがあります。10月に海に張り込んだのり網を「秋芽網」と呼び10月から11月にかけて育ち愛知の海苔養殖においては11月20日頃に初めて収穫されます。世の中で「新のり」と言われ市場に出回るのがこの網から収穫されたものです。その中でも特に最初に収穫されたものは「初摘み」といわれ、非常に柔らかく美味しい海苔となります。
本品は「秋芽網の初摘み原料」のみを使用した新のりで最も価値のある海苔とされています。食べると柔らかく、香り高い風味は「初摘みの新のり」ならではのものです。


永井特撰焼のり「磯の煌」(いそのきらめき)について
・磯の煌は愛知県三河湾産と佐賀県産に産地を限定しその中でも上質なものだけを選んで使用した永井海苔最高ランクの焼のりです。本品では三河湾産を使用しております。三河湾産の海苔は味のよさに定評がある隠れた名産地です。色艶・味・香りとも申し分なく手巻寿司やおにぎりなど万能に使えて、お料理に使うと磯の香りが一層広がります。
品質保持のため少量の枚数でもトレーと保存に便利なチャック袋を使い、遠赤外線でまろやかに焼き上げた後、丁寧に袋詰めします。
大切な人への贈り物などにもお使いいただけます。




三河湾産
渥美半島と知多半島に挟まれた愛知県三河湾産の海苔は矢作川、豊川から流れ込む栄養と浅海干潟という恵まれた環境により育まれます。


三河湾産のりの養殖風景です。

<2018年12月1日 愛知第1回海苔入札会の様子>


愛知県半田市にある愛知県漁連海苔流通センターという場所で愛知の海苔入札が行われます。


養殖地区別に各等級に分かれた海苔が並べてあります。


弊社目利きの職人が本商品にふさわしい上質な海苔を厳選します。


入札会場では品質、香り、色、すき方、乾燥、破れや縮みの有無などを見極め、経験をもとに素早く判断していきます。軽くあぶってその場で味を確かめることも出来ます。


加工メーカーや問屋など、入札権をもつ団体によってランクに応じた値段が付けられます。愛知県三河湾産の海苔の入札は地元にある会社のみ入札する権利を与えられます。永井海苔もその内の1社です。


一発勝負の入札が行われます。当社の買い付けチームにとっては本商品に使える海苔が買えるかどうか勝負所です。
今回、買い付けチームが数ある中から選び抜いた、青のりが適度に混ざった「青飛び」という香り豊かでおいしい、この時期だけの希少な海苔を見事落とすことが出来ました。その味をぜひ、ご賞味ください。




■磯の煌商品の雑誌掲載
・「週刊文春」広告掲載(随時)
・「週刊文春」2016年2月、おいしい!私の取り寄せ便 栗原はるみ
・「週刊現代」2011年10月、新米の口福
・「一個人」2007年11月、岸朝子の絶品のお取り寄せ
・栗原はるみ「haru_mi冬号」2007年、ただいまお気に入り中
・「サライ増刊」2006年7月、美味取り寄せ帖